来間島へ渡る橋の手前の砂浜は
砂浜と海との境目が分からないほど
美しかったので車を止めて撮影しました。
今回は美しい景色を見て来たというよりは
島の人達の温かさに触れ合う事の出来た
心に残る素敵な旅でした。
新垣さん宅に遊びに行って来ました。
実は初男さんは三線の師範でもあるのです。
沖縄民謡の大好きな私は初男さんの三線の音色と
歌声にいつもなら大・感激!!
初男さん・孝子さん(奥様)・垣花さん(ご友人)と御一緒に
泡盛を飲みながら楽しい一夜を過ごさせて頂きました。
その上、私は新垣さんの三線と一緒にCDで覚えてきた
数少ない沖縄民謡を恥ずかしさも忘れて歌ってしまいました。
孝子さんの御もてなしの沖縄家庭料理もとても美味しくて
歌に御馳走に泡盛に・・・夢のようなひと時でした。
『亀寿し』玄さんと弘美さんに西里通りのカラオケ・パブに
遊びに連れて行って頂きました。
「玄光はね 歌がとても上手いのよ!」と言っていた弘美さんも
お兄様が歌手なだけあって流行歌、歌謡曲、演歌、民謡etc・・・
ジャンルは何でもOK!!
そして何を歌ってもとにかく驚くほど上手で、とても可愛らしい。
宮古島の友人の中で一番私に年齢の近い弘美さんは
お姉さん(ネーネー)のような存在です。
今回の旅のもう一つの目的
城辺町比嘉60番地を探す事!!
自分のレンタカーでは探すことが出来ずに
結局は新垣さんにご協力頂き見付ける事が出来ました。
ここは『琉球酒館』ののりちゃんの親戚の方の家なのですが
今は空き家になっていて叔母さんが管理しているそうです。
借りて住もうかしら?なんて・・・ネ。
比嘉60番地
弘美ネーネー
三線の宴
2002年6月
旅行記
妃絽の部屋
宮古島2